思わず眉をひそめる悪臭【加齢臭が気になる人は臭い対策スタート】

洗顔で肌がきれいになる

黒い石鹸

毛穴ケアに最適だと評判が高いのがつかってみんしゃいよか石けんです。火山灰シラスパウダーが毛穴汚れをすっきりと落としてくれて、透明感のある肌になれます。また、美容成分が全体の6割以上を占めていて、保湿や抗炎作用などがあります。

Read More

新しい角質で肌を保護

メイク

幹細胞化粧品により肌の幹細胞を増やせば、角質が多く作られるようになり、それによって肌が守られやすくなります。そして昨今では、リンゴやブドウから作られた幹細胞化粧品が注目を集めています。アンチエイジング効果のある、抗酸化物質が含まれているからです。また、価格が比較的安いというメリットもあります。

Read More

ハリのある潤った肌に

女性

生コラーゲンは、加熱により分断されていないので、肌の内部で頑丈なメッシュを形成することができます。それによって肌には高い弾性と潤いとがもたらされるので、生コラーゲンが配合された化粧品には人気があります。分子サイズは大きいのですが、ナノ化した上で配合されているため、肌の内部にすんなりと入り込みます。

Read More

薬用石鹸で殺菌

白い石鹸

細菌による皮脂の分解

加齢臭は、体から分泌された皮脂が、皮膚についている細菌によって分解されることで発生します。そのため入浴時にしっかりと体を洗い、皮脂を十分に除去することで、ある程度は解消されます。しかし皮脂はすぐに再び分泌されますし、それが分解されれば加齢臭も再び発生することになります。そのため昨今では、洗浄力のある成分以外に、殺菌作用のある成分が配合された薬用石鹸が注目されるようになっています。使用により皮膚が殺菌されれば、皮脂が新たに分泌されても分解されず、加齢臭も発生しなくなるのです。細菌も再発しますが、薬用石鹸を使ってこまめに洗っていれば、多く発生することは防がれます。そしてこれを続けることで、加齢臭を気にせずに生活できるようになっていきます。

皮脂の分泌を抑えるために

ただし、加齢臭の解消のためとはいえ、皮膚を洗いすぎては逆効果となります。なぜなら、皮脂が皮膚を乾燥から守るために存在しているからです。洗いすぎにより皮脂が過剰に失われれば、体はそれを皮膚の危機と判断し、追加で皮脂を分泌しようとします。つまり洗えば洗うほど、皮脂が多く分泌され、加齢臭が発生しやすくなってしまうわけです。そのため薬用石鹸の使用時には、皮膚をゴシゴシと強くこすりすぎないようにすることが大事です。また、洗った後でボディローションなどで保湿ケアをおこなうと、皮膚が乾燥しにくくなり、体は皮脂を多くは分泌しなくなります。加齢臭を根本的に解消するためには、殺菌だけでなく、皮脂の分泌を抑えることも大事なのです。

毎日のように使い続ける

加齢臭は問題視されています。自分は大丈夫だろうと安心しきっている人も多いのではないでしょうか。皮脂と細菌が混ざり合い、そこから悪臭が放たれる原因となります。その名の通り、加齢と共に発生する臭いです。ですので、ある程度の歳になると対策しておいた方が良いのではないでしょうか。ここで重要となるのが、殺菌作用のある薬用石鹸の使用です。一度で大きな効果があるわけではないので、毎日のように使い続ける事が肝心です。