思わず眉をひそめる悪臭【加齢臭が気になる人は臭い対策スタート】

新しい角質で肌を保護

メイク

角質を作り出す幹細胞

肌は、角質と呼ばれている丈夫な組織で覆われています。この角質によって、肌は内部に水分を閉じ込めることができていますし、外部からの雑菌などの侵入を阻むことができているのです。角質は、古くなると機能が低下していきますが、しかし肌の内部では新しい角質が次々に作り出されています。それによって古い角質は、垢として自然に剥がれ落ちていきます。これを繰り返しながら、角質は良い状態で肌を守り続けているのです。ところが年をとると、新しい角質が作られにくくなります。その状態を改善するために開発されたのが、幹細胞化粧品です。角質は幹細胞によって作られているので、幹細胞化粧品を使用して幹細胞を増やせば、新しい角質は多く作られるようになります。その結果、肌はしっかりと守られて、美しい状態を維持できるようになるのです。

植物由来の幹細胞エキス

幹細胞化粧品に配合されている幹細胞エキスは、動物や植物から抽出されることが多いです。そしてその中でも昨今では特に、リンゴやブドウから抽出された幹細胞エキスが注目されるようになっています。リンゴやブドウには、ビタミンCやポリフェノールが多く含まれています。これらには抗酸化作用があり、肌に与えれば、肌では酸化による老化現象が起こりにくくなります。そのためリンゴやブドウから作られた幹細胞化粧品を使用すると、新しい角質を増やしていきながら、アンチエイジングケアも進めていくことができるのです。しかも動物よりも手軽に原料調達ができ、加工の手間も少なくて済むことから、植物由来の幹細胞化粧品は比較的安価で販売されていることが多いです。そういった理由からも、注目を集め、話題となっているのです。